税理士について

税理士について

実務と兼ね合わせた税理士試験の受け方

税理士試験の試験科目を選ぶ際には、自分が活躍したい実務の場をあらかじめイメージしておくことも大切です。
たとえば、主に法人の顧客を相手にしたい、莫大な資産をもっている個人を主な顧客として資産に関する税務を主な活躍場所としたい、などです。

 

将来活躍したい分野を明確にイメージすることでモチベーションが上がるほか、現実の実務に必要な知識と自分の知識とのギャップに悩むことが少なくなります。
最も多いケースの1つが、主に会社などの法人を相手に税理士業務を展開していこうというものです。
現在、税理士業務の中では法人税に関する業務が最大のウェイトを占めているということができます。このような場合では、会計科目2科目・法人税法・消費税法・事業税を選択するといいでしょう。

 

この3つの税法科目の関連性は非常に強いものですので、受験勉強もとりかかりやすくなります。
個人の財産管理で力を尽くしたいと考える場合、会計2科目・所得税法・相続税法・固定資産税の選択で税理士試験に臨むといいでしょう。
これらのボリュームは非常に大きいものですが、それだけ実務においても責任が大きくなるといえます。

税理士の専権事項、税務業務について

税理士の仕事のうち、税理士でなければできない仕事というのがあります。
これは税理士法に明文化されているもので、税理士の資格を持っており税理士会などに登録していないとできない職務です。
このことを税務業務といいます。

 

税務業務のうち「税務相談」は、納税者からの税に関する質問を受けるということです。事業を営んでいる人や法人、財産をたくさん持っている人などは税の支払い方が煩雑になりがちですので、そうした人へアドバイスを行います。そしてサラリーマン以外の人では自己申告納税制度が採られているのですが、その際に提出する申告書は税に関する専門的な知識がなければなかなか正確に書けないものです。税金の計算や、税務署に提出する各書類を作成する「税務書類の作成」、これも税務業務の柱となります。

 

その他に、申告を済ませて税金を納めたあとに、税務署から税務調査を行われる可能性があります。この税務調査に立ち会い納税者に代わって調査官(俗に言うマルサ)に税務者の意見を述べることや、調査結果に納得のいかない場合に納税者に代わり不服を申し立てる「税務代理」も税務士でないとできない仕事です。

 

自由が丘美容室のInvitationはこちら

税理士になるのは難しいです

税理士になるのはとても難しいと聞きます。
税理士になるには試験があるのですが、その試験が難しいようです。
試験は何科目かあって、5科目取得すると合格となります。
ただ試験を合格しただけでは税理士になることはできません。
税理士事務所などで2年以上働かなければいけないのです。
また税理士会に入会しないといけないという決まりもあるようです。

 

税理士には試験を受けなくてもなれる人もいるようです。
今日本で多い税理士には、税務署で長年働いた人がなった税理士が多いようです。
国税職員として23年以上勤めると、税理士となれる資格がもらえます。
そのために日本の税理士は年齢の高い人が多く、試験を受けてなった若い人は少ないようです。

 

税理士試験の受験期間には決まりはありません。
なので何年かかっても税理士になりたいと思えば、なることはできるのです。
ただ試験は難しく経験も必要なので、簡単になることはできないでしょう。
何歳になっても目指すことはできるようです。

 

弁護士や公認会計士の資格を有する人は税理士になれるようです。
ただこれもすぐになれるというわけではないようなので、時間はかかりそうです。
弁護士や公認会計士になるのも難しいので、どれも資格を得るのは大変そうです。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ